Loading...

TAISEI

未分類

大成住宅やばい!?進化した大成ビルドの特徴とは?

大成ビルド

静岡県内で、約6,800棟も注文住宅を手掛けてきた大成住宅をご存知ですか?

その大成住宅から、注文住宅・分譲住宅・不動産業にフォーカスした新会社「大成ビルド」を設立いたしました。

まだまだ、知名度が低いことから、大成ビルドの社長である津村に思いを聞いてみました。

大成住宅から進化した大成ビルドが激ヤバの理由を3つご紹介いたします!

|01 坪単価、58万円

注文住宅を検討するうえで、一番気になるのは費用ですよね?

大成住宅時代から、大きく見直したのが「価格」となります。

高いものは品質が良くて当たり前ですが、適正価格で良質な住宅を手がけるには、経費を見直す必要があったからです。そして、オシャレで機能的な分譲住宅やリアルな完成見学を中心に、独自性を叶えることにシフトしました。

やっぱり価格!

大成ビルドは、建築家とオリジナル住宅を建てたい方に選ばれています。

そして、注文住宅の要素を存分に取り入れた分譲住宅の展開も始めています。


▶ リアルには敵わない 

まず、大成住宅時代はSBSマイホームセンターに展示場出展をしていました。

しかし、そこでリアルな声は「リビングが広すぎて参考にならない」とか「豪華すぎ」などの感想でした。

リアルサイズの街角展示場が支流になるなか、総合展示場に出展している意味を考えました。

広すぎて、参考にならない。

リアルサイズの展示場にしよう!

施工事例

「リアルな声を反映させていく」そこで、リフォーム出展以外をすべてやめて、浜松市に9月完成予定のモデル棟を建築中です。これにて、大きく固定費の削減が出来ました。

大幅な経費削減は、坪単価に反映でき顧客満足が97%と高評価に変わりました。


|02 自由度がやばい!

大成ビルドのコンセプトテーマは「魅力的な作品の創造」です。

注文住宅・分譲住宅・店舗デザインのすべてが私たちの「作品」となります。

津村はこのように語っています。

建築は、人の感情を揺さぶるアート

「良いものは”いい”ただそれだけ」そう津村は想いを語っています。

ないものを「創ればいい」そうやって人の感情は揺さぶられる。

施工事例

常識や概念を超えてこそ、イノベーションが起きるのです。パリのエッフェル塔が美しいように大成ビルドの住宅は美しくなければならない。

それには、お客様の自由をやばい程に具現化することが建築家の姿である。

シアタールーム


▶ 何度でも打ち合わせする

家を建てるという「体験」が人生でもっとも楽しい経験にしたい。

家をただ建てて終わりでは、あまりにも勿体ないことです。

「住宅」を造るという体験は、体験した人にしかわからない。

だからこそ、あの時の体験は面白かったと記憶に残したいと考えています。

ご納得できるまで、何度でも打ち合わせをします。


|03 高いパフォーマンス

時代に合わない働き方はやめる。

長時間労働で高いパフォーマンスを維持できれば良いですが、私たちは人間です。

走れば疲れるように、長時間労働で高いパフォーマンスを発揮し続けることは不可能です。

現場の写真

高価な買い物をしているお客様に「寝不足だったので失敗しました」は許されません。

それには、朝から定時までにやるべき仕事をしっかりと終わらせることが重要です。


▶︎ 女性と若手が活躍できる

服にトレンドがあるように「住宅」にもトレンドがあります。

世代によって、ライフスタイルの価値観は違います。

打ち合わせの様子

大成ビルドでは、お客様に同年代の若手社員、女性スタッフを中心に分譲住宅のデザインや間取りを構成しています。

仕事を楽しいと思える職場環境が高いパフォーマンスに直結すると考えています。


まとめ

いかがだったでしょうか?

どこの工務店やハウスメーカーでも良いものを建築しているかと思います。

私たちは、私たちにできることを愚直に継続していくことだけです。

その結果、お客様に喜ばれることが使命だと考えています。

INDEX
PAGE TOP