Loading...

TAISEI

NEWS

お知らせ

TAISEI BLD. / 作品への想い

| 作品を手掛けている?

当社は、大切なお客様の「家」を「作品」と呼んでいます。

おしゃれな企画住宅は多いですが、私たちは企画住宅並みの価格で、自由設計が可能です。それは、建築に携わらせて頂く感謝と、お客様を想う気持ちがあるからです。

新築・リフォーム・店舗・賃貸。すべての「作品」は、私たちの誇りであり、喜びでもあります。

そんな私たちが手掛ける作品には「3つのこだわり」があります。

|01 一級建築士による優れた提案

 

漠然としたイメージが、魅力的な作品となる。

当社は、静岡でも数少ないツーバイフォー工法を積極的に採用しています。高い耐震性と耐火性を考慮しながら、根本的な構造へのアプローチが「こだわり」のひとつです。

構造の安心さが、作品の想いと繋がります。

こだわりの構造をベースに、変わりゆくライフスタイルへの提案もお客様に喜ばれています。

きっと、あなたの漠然としていたイメージが、図面を通し容易に創造できることに驚くはずです。

たとえば、 帰宅後

玄関 > 洗面室 > リビングまでの動線

ランディングページ
TAISEI BLD. / 作品への想い
Entrance 
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
Laundry
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
Living Dining
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
TAISEI BLD. / 作品への想い
PlayPause
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Shadow

まず、手荷物を想像し、玄関の鍵はスマートに開錠。すぐに両手一杯の荷物が置けるカウンターと、車のキーはニッチへ置く。着ていたジャケットはファミリーロッカーに収納。

そして、靴を脱ぐ。

ドアノブに触ることなく、手洗いが可能な洗面室へ入る。隣接のランドリールームで、予め用意された部屋着に着替え、ドア1枚で暖かく明るいリビングへ入室する。

いかがでしょう?

動作に無駄がなく、脱ぎ捨てた靴下・ウィルス・花粉がリビングにありません。

そして、あなたの時間を節約します。

本当に必要な物を取り入れ、住まう人への創造は「建築士の気遣い」からなります。

| 02 繊細で確かな技術

大工歴40年以上の繊細で確かな技術

綺麗な作業スペースと、手入れされた工具から伝わる職人の「こだわり」があります。

当社は、構造体に使用するパネルは工場で製作しています。安定した品質と上棟時の時間短縮を計ることで、設計値どおりの強さを届けることが可能です。

内部は繊細で熟練された技術で、垂直水平の綺麗な仕上がりに、思わず手で触れたくなります。きっと、技術力の高さに頷いてしまうでしょう。

近代工場と伝統技術の掛け算が、永く住まうことのできる素晴らしい作品となります。

| 03 伝わるデザインと理想

デザインに正解はない?

服の好みがあるように、デザインの好みもひとそれぞれです。

私たちは、ヒアリング時間を大切にし、趣味やライフスタイル、理想の暮らしを深く理解することに集中します。

ここで、TAISEI BLD.の合言葉があります。

それは「予算はともかく、やりたいことをすべてお聞かせください。できる方法を一緒に考えましょう!」です。

時々、お施主様にご協力いただいています。

たとえば、お客様が書斎カウンターを取付たり、家具をIKEAやAmazonで用意して頂くこともあります。既製品では高価な商品も、大工に造作してもらうのは日常的な風景です。

店舗デザインも手掛けるコーディネーターと、Instagramを見せ合いながら、より良くするアイディアも飛び交います。

素直に「家づくりが楽しい」と感じて、一緒に造り上げる。

それが、私たちの「作品への想い」です。

info

OPEN HOUSE 


INDEX
PAGE TOP